安倍政権は私たちの暮らしに役立っているのか⑤

画像

2017年も開けました。
私たちの暮らしをよくするために、ほんとうにこのままの政権でいいのかという視点で
いろいろな記事あるいはその内容をご紹介しています。
今日は安倍晋三氏がいかに嘘つきかというリテラの記事です。

「なぜここまで平気で嘘をつけるのか?
2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10! 強行採決、TPP、ガリガリ君…」
http://lite-ra.com/2016/12/post-2811.html(太字の後の文章は内容を要約、あるいは私の感想です)

●大嘘1
「そもそもですね、我が党において、いままで結党以来ですね、
強行採決をしようと考えたことはないわけであります」
10月17日、衆院TPP特別委員会
 しかし、戦争法はじめTPP法案に年金カット法案、カジノ法案と立て続けに強行採決…でしたね。

●大嘘2
「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから」
4月7日、衆院TPP特別委員会
 安倍首相がこう言い放ったとき、目の前にはあの2012年総選挙時の「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」 という自民党ポスターが証拠として掲げられてい増した。
 証拠をあげられても何かといいつくろい、しらを切るのが安倍晋三という人です。

●大嘘3
「世界経済はリーマンショック前に似ている」
5月27日、伊勢志摩サミット

 各国首相は非常に驚き、メルケル首相は「世界経済はそこそこ安定した成長を維持している」と言い、
 フランスの高級紙「ル・モンド」も「安倍晋三の無根拠なお騒がせ発言がG7を仰天させた」と見出しに
 して報道した。安倍首相がこんなことを言い出したのは増税延期のための布石だった。
 その後「私がリーマンショック前の状況に似ているとの認識を示したとの報道があるが、
 まったくの誤りである」と発言。恥ずかしい…。

●大嘘4
「「株価下落により、年金積立金に5兆円の損失が発生しており、年金額が減る」といった、
選挙目当てのデマが流されています。しかし、年金額が減るなどということは、ありえません」
6月27日、Facebook

 7月29日には政府も約5兆3000万円の運用損を出したことを公表。
 しかも例年は前年度の運用成績の発表は7月上旬なのに、今年(2016年)は
 参院選後の7月下旬に発表するようにさせた。
 「5兆円損失はデマだ!」と選挙目的でデマを流したのは、安倍首相自身。
 しかも秋の臨時国会で年金カット法案を強行採決、その後の試算は不誠実なものと指摘されています。
 →http://blogos.com/article/203760/

●大嘘5
「私が申し上げていることが真実であることはバッジをかけて申し上げます。私の言っていることが違っていたら、私は辞めますよ。国会議員を辞めますよ」
1月12日、衆院予算委員会

 上の発言は「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)元副代表の蓮池透氏の著書について問われた 時のものですが、他にも消費増税は「税と福祉の一体改革」といいながら、実際は増税分は法人税減税に
 消えています。さっさと辞めてもらいたいです。

●大嘘6
「妻のパート月収25万円」「日本はかなり裕福な国だ」
1月8日、参院予算委員会/1月18日、同委員会

 実質賃金の減少率の高さを指摘された際、「景気が回復し、そして雇用が増加する過程において
 パートで働く人が増えれば、一人当たりの平均賃金が低く出ることになるわけであります」と言い、
 そのたとえ話として飛び出した「妻のパート月収25万円」発言。
 そのパート月給の現実離れした金額に「いまの世の中、パートで25万も稼げるわけないだろ!」と
 怒りの声が殺到した(ちなみに当時の直近データではパート労働者の平均月収は8万4000円)。
 そしてOCDE(経済協力開発機構)の統計で日本の相対的貧困率はワースト6位。

●大嘘7
「我が国が核兵器を保有することはありえず、保有を検討することもありえない」
8月6日、広島での記者会見

 この発言から約10日後に米・ワシントンポストが
 オバマ大統領の「核兵器の先制不使用宣言」をめぐって安倍首相が
 ハリス米太平洋軍指令官に反対の意向を示していたことをスッパ抜いた。
 10月には国連の「核兵器禁止条約」に向けた交渉を2017年にスタートさせる決議で
 日本は世界で唯一の被爆国であるにもかかわらず反対。
 
 しかしそれなら、原発を全部廃炉にし保有しているプルトニウム(核兵器原料)48トンも処分すべきです。
 (簡単に処分できないけどね。すくなくとも廃炉にしなければ増え続けます。)

●大嘘8
「国民の信任を得た」「(自民党改憲案を)実現していくのは総裁としての責務」
7月11日、参院選の結果を受けて

 安倍首相は7月の参院選の遊説において、ただの一度も憲法改正のケの字も出さなかった。
 なのに、いざ選挙が終わると、ケロッと「信任を得た」と胸を張り、まるで改憲の是非が選挙の
 争点であったかのように述べては「実現していくのは責務」などと言い出したのである。
 これは国民を騙し討ちしたとしか言いようがなく、完全な背信行為だ。

●大嘘9
「私が自民党憲法改正草案を出したと言うが、どこに出したんですか? 世に出したのは私ではありません。谷垣総裁のときに出されたわけでありまして」
10月3日、衆院予算委員会

 争点隠しをおこなって改憲勢力の3分の2議席以上を確保した安倍首相だが、
 国会で自民党憲法改正草案が俎上に載せられ、基本的人権について定めた97条が削除されていること
 などについて説明を求められると「俺が草案を出したんじゃない!」。
 そもそもこの憲法改正草案は安倍首相の側近である礒崎陽輔が原案を執筆。
 しかも原案では自衛隊を「自衛軍」としていたものも安倍が「自衛軍などという恥ずかしい名称はやめて
 国防軍とすべきだ」と主張した結果、12年4月に公表された憲法改正草案では「国防軍」に。

●大嘘10
「そんなもの政治資金で買いませんよ!」
6月24日、『NEWS23』(TBS)党首討論で

 生活の党の山本太郎議員が「ガリガリ君を政治活動費で支出していますよね?」と指摘ところ、
 安倍首相は「全然知らない」と狼狽。さらに山本議員が追及を続けると、
 「そんなもの政治資金で買いませんよ!」と声を荒げたのだ。
 だが、政治資金でガリガリ君を2本買ったことは、実際に日刊ゲンダイが問題の領収書そのものを公開。

恥ずかしい… 

この記事へのコメント

2017年01月02日 15:32
気持ち玉
→なるほど。→ナイス。
2017年01月02日 15:33
気持ち玉
→なるほど。→ナイス。